PMS(月経前症候群)について

PMS(月経前症候群)で悩まれている女性が少なくありません。

PMS(月経前症候群)とは、月経が始まる1~2週間ぐらい前から起こると言われており、様々な不快な症状を伴うと言われています。

一説によると排卵後の女性ホルモンの変化が原因だと言われているようですが、はっきりとした原因は明らかにされていません。

・PMS(月経前症候群)に悩む人はどのくらいいる?

ほとんどの女性がPMS(月経前症候群)に悩んでいると言われていますが、統計によると、全体の約5割の女性がPMS(月経前症候群)を時々感じられているそうです。そして、全体の約4割の女性がPMS(月経前症候群)をいつも感じられているそうです。まったくPMS(月経前症候群)を感じない方は、ごく稀まであることが分かります。

・PMS(月経前症候群)にはどんなものがある?

PMS(月経前症候群)には、不快な症状があると言われていますが、この症状には、身体的な症状と肉体的な症状があると言われています。

さらに、詳しい原因が解明されていないということもあり、PMS(月経前症候群)の原因の中には、女性ホルモンの変動だけではなく、環境によるストレスや、また、性格によっても症状の現れ方が違ってくるとも言われています。

まずは、どんな症状があるのかを客観的に見ることで、その改善策が見えてくるかもしれません。

・PMS(月経前症候群)を改善するには?

PMS(月経前症候群)の原因が詳しく分かっていないため、その改善方法も、人によって違ってきます。

治療方法の中には、ホルモン療法・対症療法・漢方療法など、様々なものがありますが、身体的な症状や肉体的な症状の割合なども、人によって違うため、あまりにもつらい症状が伴う場合には、婦人科などで相談すると良いでしょう。

女性にとって、周期ごとに訪れるPMS(月経前症候群)の症状は、ひとりで悩むより、まずは身近な人などに相談することが、改善するための第一歩なのかもしれません。