PMSの薬を使った治療方法

PMSの薬を使った治療方法

女性の体内のリズムによって、理由もなく塞ぎ込んだりイライラしたり。こういった不快感を感じておられる方が多くいらっしゃいます。

これは、PMS(月経前症候群)の症状のひとつで、感情的なもので悩まれている方や、身体の不調などで悩まれている方など、その症状には様々なものがあります。こういった症状を、自分だけのものだと思い込まれて、悩みをひとりで抱えておられる方が少なくありません。

症状には、軽いものから重いものまであるため、ひとりで悩まずに、身近にいる方に相談することが大切です。PMS(月経前症候群)で悩まれてい方の一部には、症状が重く、本格的な治療が必要な場合もあるのだそうです。PMS(月経前症候群)の治療方法には、どのようなものがあるのでしょうか。

・ピルを使用する

PMS(月経前症候群)の症状には、数え切れないほど多くの症状があると言われています。

一般的に低容量ピルを使用することでが多いようですが、ピルは月経周期の改善などに用いられることで知られているものです。こうした体内のリズムを整える意味合いもあるのかもしれませんが、症状が改善されない場合には、ほかの薬を処方して様子を見る場合もあるのだそうです。

・精神安定剤を使用する

PMS(月経前症候群)の症状の中で、多く報告されている症状が、イライラしたり悲観的になったりと、情緒不安定になることです。こういった症状を緩和するために、精神安定剤を使用する場合があります。

精神安定剤を使用することで、精神的な緊張を緩める働きがあるそうです。比較的、副作用が少ないものが使用されているようですが、中には、眠気や息切れなどの副作用を感じる方もいらっしゃるようです。

・抑うつ薬を使用する

PMS(月経前症候群)の症状の中で、最もつらいもののひとつに、抑うつの症状が出ることが挙げられます。

このような症状は、自分でもコントロールが出来ないため、社会生活を営む上で支障が出てしまう場合もあるのだそうです。抑うつ薬を使用することで、脳の神経伝達物質の異常を緩和することができますが、中には副作用が出るものもあるため、その点を医師にしっかり相談することが大切です。

PMS(月経前症候群)の症状は、人によってその症状がまったく違うものであるため、専門家を通して、詳しく問診していく必要もあるようです。治療方法には、薬物を使用しない方法もありますが、日常生活がままならないほど症状が重い場合に、薬物が使用される場合があります。現在の状態を良く確認した上で、専門家に相談してみるのもひとつの方法です。