PMSを改善する方法

現代は、PMS(月経前症候群)に対する理解が深まってきています。

一般的にPMS(月経前症候群)は、生理が始まる3日~10日ほど前に起こると言われていますが、周期によって、必ずこういった症状に悩まされてしまうのは、本当につらいものですよね。

ほとんどの女性が、PMS(月経前症候群)に関するなんらかの症状を体験しているそうですが、症状によっては、毎日の生活の中で、改善する方法もあるようです。様々な改善方法を、さっそく見ていきましょう。

・食生活を見直す

食生活を見直す

健康を維持するためには、身体が必要としている栄養素を、毎日の食事の中から取ることが大切です。

医食同源(いしょくどうげん)と言われているように、様々な食品の中には、身体に良い影響を与える様々な成分が含まれているため、食事の内容がそのまま健康を左右するようなところがあります。

PMS(月経前症候群)の症状の中で、特に身体的症状が多く出る方にとって、普段から身体のバランスを整えておくことは、とても大切です。出来るだけ、日々の中で、新鮮な食材で手作りの食事を多く取ることを心掛けると良いでしょう。また、PMS(月経前症候群)の症状が出る時期に、炭水化物が不足すると、体内のアドレナリンの量が増えて、怒りっぽくなるなどの症状が出る場合もあるのだそうです。

穀物を中心として、一汁三菜というような、日本食を取るようにすると良いかもしれません。

・運動をする

運動をする

統計によると、日常の中に、軽い運動を続けている女性は、PMS(月経前症候群)の症状が軽減されるという結果が出ているのだそうです。

軽い運動の中でも、有酸素運動などは特におすすめです。ジョギングや水泳などを、無理のないスケジュールで継続することによって、気分転換にもなる上に、身体の隅々まで酸素が行き渡ります。血行が良くなることで、様々な症状が緩和される場合があります。

 

本格的な有酸素運動をする時間が取れない時などは、会社の往復を利用して、ウォーキングをするなど、毎日の中で、身体を動かす習慣を持つことが大切です。

健康は、毎日の積み重ねで維持することが出来るものです。健康の基礎となる身体作りをしておくことで、PMS(月経前症候群)の症状を改善することが出来るかもしれません。