年代別で見るPMSの症状

年代別で見るPMSの症状

PMS(月経前症候群)で悩まれている女性が多くいる中で、その症状も人それぞれに違いがあると言われています。PMS(月経前症候群)の症状の改善が難しいと言われる理由のひとつに、PMS(月経前症候群)の症状を生み出す、はっきりとした原因が解明されていないからです。

症状の中には、身体に現れる症状、精神に現れる症状など、そのどちらにも数多くの不快な症状が報告されています。さらに、PMS(月経前症候群)の症状は、年齢によって、その内容が変わってくると言われています。年齢によって、どのような症状があるのでしょうか。さっそく見ていきましょう

・20代のPMS(月経前症候群)の症状

20代半ば頃は、女性ホルモンがピークを迎える時期だと言われていますが、社会に出て、様々な年代の方と共に仕事をする環境に入ることで、慣れないうちはストレスを抱えてしまうこともある年代であると言えます。20代のPMS(月経前症候群)の症状で、身体に現れる症状には、胸のハリや痛み・下腹部の痛み・頭痛・肩こりなどがあります。精神に現れる症状には、イライラ・不安・涙もろくなる、などがあります。

・30代のPMS(月経前症候群)の症状

30代後半になると、女性ホルモンが低下し始めると言われており、女性ホルモンのバランスを整えることが必要となってくる時期です。

職場や家庭などの様々な事柄で、精神的に疲れを溜めやすい時期でもあります。30代のPMS(月経前症候群)の症状で、身体に現れる症状には、頭痛・むくみ・食欲増加などがあります。精神に現れる症状には、攻撃性・孤独感・不安などがあります。

さらに、30代は、PMS(月経前症候群)の症状が重くなる傾向が出てくるため、出来るだけ自身に合った改善策などを取るようにすると良いでしょう。

・40代のPMS(月経前症候群)の症状

40代は、社会経験を積むことによって自分の立場を確立していることも多く、子育てもひと段落する時期です。40代のPMS(月経前症候群)の精神に現れる症状は、ほかの年代に比べて安定してくると言われていますが、出産経験の有無で症状の内容が違ってくると言われています。

40代のPMS(月経前症候群)の症状で、身体に現れる症状には、頭痛・肩こり・下腹部痛などがあります。精神に現れる症状には、イライラ・攻撃性・悲観的になる、などがあります。

年齢によって、女性ホルモンの働きに変化が生じます。年齢別のPMS(月経前症候群)の症状を知ることによって、必要な改善策が見えてくるかもしれません。