PMSとうつ病の関係性

PMS(月経前症候群)の症状は、多くの女性が悩んでいるもののひとつです。

数多くの症状がある中で、身体に現れる症状と精神に現れる症状が相俟って、日常生活を営むことも困難になるほどに症状が重くなる方もいらっしゃいます。

PMS(月経前症候群)の精神に現れる症状の中には、イライラ・精神が不安定になる・抑うつ・無気力などがありますが、中でも、うつ病の治療をされている女性の方の中には、PMS(月経前症候群)の症状がさらに重くなってしまうこともあるのだそうです。

・PMS(月経前症候群)とうつ病の治療薬

PMS(月経前症候群)とうつ病の治療薬

PMS(月経前症候群)の症状があまりにも重い方の中には、低容量ピルを処方されることがあります。

女性ホルモンのバランスの乱れから様々な症状が重くなることもあるため、ホルモンバランスを整えるために処方されるようです。

 

ピルは、毎日、欠かさず飲むことで、その効果を発揮するものですが、うつ病の治療中に処方されるお薬は、抗生物質が多いため、中には、ピルとは併用できない成分などがあります。

このようなケースの場合、PMS(月経前症候群)の治療には、ハーブなどの自然由来の成分のお茶を毎日の中に取り入れるなどして、身体の負担を軽減すると良いかもしれません。

・PMS(月経前症候群)の症状とうつ病の症状は似ている

PMS(月経前症候群)の症状のうち、精神に現れる症状の中には、抑うつなどの症状があります。

PMS(月経前症候群)の場合、生理が始まる3日~10日くらい前に、抑うつなどの症状が起こりますが、PMS(月経前症候群)の症状で悩まれている方の中には、ご自身の精神的症状を、うつ病の症状であると思われる方もいらっしゃるようです。PMS(月経前症候群)の症状である場合、生理が始まった途端にすっかりその症状が消えてしまうことが多いようです。

よく症状を観察して、どちらの症状なのかを判断する必要がありますが、どちらの症状であっても、あまりにもつらい思いをされる場合、我慢をせずに、専門家に相談をして、出来るだけ症状を軽減する方法を見つけることが大切です。

PMS(月経前症候群)に限らず、女性ホルモンの変動を常日頃体験している女性にとって、情緒不安定は多くの女性がどうしても経験してしまうもてのです。現代は、様々なサポートの方法があります。ひとりで悩まずに、出来るだけ早めに身近な人や専門家に相談することで、改善の糸口が見つかるかもしれません。